This page:自動車運転裏安全ガイド TOP > 自動車運転の裏の基本 > 渋滞緩和 > 脇見運転

脇見運転

脇見運転ほど馬鹿らしい渋滞は、ありません。よくあるのが、高速道路で反対側の車線で事故があり、パトカーが停まっていて、警察官が現場検証してるの脇見しながら超低速で走行するため、後ろが大渋滞というケース。

その場所を過ぎると前はがら空き。本当に腹が立ちます。その事故が大惨事だとかコチラの車線にも影響すような事故ならまだ分かりますが、ちょっと接触したくらいの事故で警察車両等が停まっていると必ず脇見をし、渋滞します。

みなさん、この「脇見運転」止めましょう!

脇見渋滞の時によく思うのですが、現場検証をする際に巨大なシートカバーのようなもので囲って外から見えないようにして行って欲しいと。こんな事思うのは、私だけ?
事故現場を他のドライバーにも見せ、交通事故にたいする注意を促す意味では、見えてる方がいいのかもしれませんが・・・。

どうしても見たいのなら、アクセルを緩めずスピード保持したまま、チラ見くらいにしましょう!

ちょっと、余談ですが、
高速道路で何らかの渋滞や停滞が数キロにも及んだ場合に、「渋滞割引」ってあったらいいのにと思うのです。まぁ、現実問題として難しいでしょうが、一般道よりも目的地へ早く行くためにお金を支払って高速道路にのったのにもかかわらず、渋滞で運転手、同乗者、さらに車にもストレスが溜まるんですからね。

cms agent template0035/0036 ver1.005