This page:自動車運転裏安全ガイド TOP > 自動車運転の裏の基本 > 渋滞緩和 > 坂道渋滞

坂道渋滞

坂道による渋滞も意外と多く、ドライバーのちょっとした運転方法で渋滞を減少・緩和させる事が可能です。

まず、坂道特に上り坂による渋滞がなぜ発生するのかその原因をみてみましょう。


坂道(上り坂)渋滞の原因
坂道による渋滞は、高速道路などでよく発生します。これは、平坦な道路から上り坂を走行する際に速度が落ち、後続車との速度差が後方へ行けば行くほど速度差が広がり、最後列では完全に停車せざるを得ないほどとなります。特に高速道路では、前方の車がブレーキを踏む事で後続を走る車も危険を感じ、速度を落としたり同様にブレーキを踏んだりします。このブレーキの連鎖反応も後方へ行けば行くほどブレーキを踏む力が強くなり、最後尾では停車まで至ります。

図で説明するとこんな感じです。(図の坂は分かりやすく急勾配にしてます)

例えば、平坦な道路を全車50kmで走行していたとします。前方に坂道が・・・



先頭の車が坂道を走行し、速度が50km⇒40kmに落ちると、後続車は追突しそうになりさらに速度を落とします。これも連鎖反応し、後方へ行けば行くほど速度が落ちていきます。


では、坂道で渋滞させない運転方法は、

坂道に入る手前から、少しアクセルを踏み込みスピードを上げ、坂道に入ります。こうすることで、坂道に進入する前と進入後の速度がほぼ保たれるため、後方で渋滞が発生しにくくなります。


全てのドライバーがこのように坂道に侵入する手前から少し速度を上げることで、渋滞が緩和されるのです。

たった、これだけのことで坂道による渋滞が緩和されるんですから、みなさん是非坂道を登る際は、スピードを少~しだけ上げて走行しましょう!

※パワーが無い車や、人や荷物を多く乗せ重たい車は、登坂車線がある場合は、登坂車線を走りましょう!

cms agent template0035/0036 ver1.005