This page:自動車運転裏安全ガイド TOP > 自動車運転の裏の基本 > 渋滞緩和 > 右折時の停止方法

右折時の停止方法

右折時の停止の仕方によっては、後方の渋滞を引き起こす事があります。
右折専用レーンがあるところは問題ありませんが、直進と右折レーンが一緒の交差点や交差点の無い所での右折時にちょっとした心遣いで、後方の渋滞を緩和させる事ができます。

例えば、下図のような直進と右折が可能なレーンで右折する場合

あなたなら、車をどのように停止させますか?
(図では、対向車を描いていませんが、対向車が来ていると想定して下さい)


たいていのドライバーは、下図のように曲がりたい方向に車を向けて、
停止して対向車が来なくなるのを待っています。

このように停止すると、後続の直進をしたい車の行く手を塞ぎ、渋滞を発生させてしまいます。

コレを防ぐには、下図のように右折したい方向には、車を向けず(ハンドルを切らず)、
直進レーンの右側へ車を寄せて停止します。

このように停止する事で、直進をする後続車がすり抜けていけるスペースが生まれ、渋滞を発生させにくくできます。

特に、交差点ではないところで右折する場合は、ぜひこのように停止して対向車を待つようにしましょう。

cms agent template0035/0036 ver1.005