This page:自動車運転裏安全ガイド TOP > 自動車運転の裏の基本 > 危険回避のコツ > 急ブレーキ時のコツ

急ブレーキ時のコツ

急ブレーキを踏む時、もし余裕があればバックミラーで後方の確認をしましょう。

なぜ、急ブレーキを踏む時にバックミラーを確認するかというと、後方の車による追突を防ぐためです。

急ブレーキにもレベルがあると思います。例えば、フルブレーキングのように事故や衝突を避けるためにキキキキキーッって感じでタイヤ音がするくらいのブレーキとそこまでもいかない急ブレーキ。
ニュアンス伝わりますか?

「止まれっー」とガンッと力一杯ブレーキペダルを踏むブレーキと「止まらなきゃ」ってギュッとブレーキペダルを踏むブレーキ。

フルブレーキング時には、無理だと思いますが、ある程度余裕がある場合の急ブレーキ時の危険(追突)回避の方法です。


急ブレーキを踏む時というのは、目の前の対象物への衝突を避けるためや交通違反(信号無視など)をしそうになった時などだと思われます。

あなたが、何らかの理由で急ブレーキを踏むと後続車(車間距離をあまり空けていない場合)も急ブレーキを踏む事になります。

この時、後続車があなたの車に追突する可能性があります。

コレを避ける方法ですが、下記条件を満たす場合は、後述の方法を実践してみて下さい。

条件
●目の前の衝突を避けたい対象物との間に余裕(距離)がある。
●さらに、対象物の周囲にスペースがあり、自分の車の左右とその後ろに車やバイクがいない。
●気持ちに余裕がある。

急ブレーキ時における後続車の衝突を避ける方法
※100%回避できるわけではありませんが、ある程度避けられるはずです。

1.急ブレーキを踏みながら、バックミラーで後方を確認します。

 追突されそうな場合は、

2.ブレーキを緩め、前進させます。
後続車の速度等にもよりますが、急ブレーキが対象物を避けるためなら、ギリギリまで前進させ車を止めることで、追突を避けられます。また、信号などで止まる場合は、その時点では横断歩道に人などはいないはずですから、後続車が止まれるまで前進させます。

私は、この方法で何度か後続車からの追突を免れました。余裕がある場合は実践してみて下さい。

怖いのは、こちらが急ブレーキを踏んでいる事を後続車が気付いていなかったり、よそ見をしている場合ですね。後続車との距離がもしあれば、追突される前に後続車の進路から逃げる事です。

cms agent template0035/0036 ver1.005