This page:自動車運転裏安全ガイド TOP > 自動車運転の裏の基本 > 危険回避のコツ > 合流箇所の車線変更

合流箇所の車線変更

高速道路には、複数の車線が合流する箇所があり、さらにその先に分岐地点があり、端から端まで車線を変更しなければならない場合があります。

初心者の方に多く見られる運転方法・車線変更の方法ですが、早め早めに車線変更しておこうということで合流箇所付近の危険な場所での車線変更。これは、とても危険な運転方法です。

気持ちは分かりますが、それでなくても高速道路の合流地点でしかも3方向から合流があるような危険な場所では、無理な車線変更をするは避けた方が事故防止の意味でも避ける方がベターです。

例えば、上図で説明すると、左上の側道から右下の側道へ行きたいとします。
図では、合流地点と分岐地点の間隔がとても狭いですが、この間隔が約500m以上ある場合は、
左上の側道から本線に合流後、すぐに右へ車線変更するのではなく、しばらくのその車線を走行し続け、周囲の車の動きがある程度落ち着いたら、少しづつ右へ、右へと車線変更するとスムーズに右下の側道まで行く事ができます。

ほとんどの方が、合流後すぐに車線変更しようと思うため、なかなか思うように車線変更できなかったり、接触しそうになったり、事故ったりします。つまり、合流地点の車の流れは、とても不安定なのです。こんな不安定なところへ、入っていく行為はまさに“飛んで火にいる夏の虫”。

周囲に車も車線変更するため、バックミラーや目視で必死なのであなたの車線変更に気付かず、接触事故になる可能性があります。逆も然り、あなたが車線変更に必死で前方の車の急ブレーキに気付かず、追突する可能性だって高いのです。

事故防止・危険回避のためには、本線へ合流後、しばらく走行していると全体の車の流れは落ち着いてきますので、その後車線変更すれば、本当にスムーズに安全に希望の車線へ移ることができます。

cms agent template0035/0036 ver1.005