This page:自動車運転裏安全ガイド TOP > 自動車運転の裏の基本 > 事故防止 > 周囲の状況を把握しよう

周囲の状況を把握しよう

自動車を運転中は、特に周囲の状況を常に把握することで、交通事故や交通違反で捕まる事などから回避できる確立が高まります。

周囲の状況その1・・・
自分の車の周りには、どれくらいの間隔で車やバイクなどが走っているのか?また、自分の車のスピードと他の車とのスピード差は?自分より速いのか、遅いのか?など近い範囲での周囲の状況を俯瞰(ふかん:高い所から見下ろした状態)で把握する。

周囲の状況その2
その1よりも遠い範囲での自分の車の前後の状況を把握する。前方については、前を見て運転していれば把握できます。と同時に後方もすぐ後ろだけでなく遠方の方も気をつけて見て下さい。ジッ~と見てると危険なので、一瞬バックミラーや両サイドミラーで確認し、数秒後にもう一度見てみると自分の車とのスピード差が分かります。

後方を気にして確認するようになると、パトカーや白バイ、覆面など発見でき交通違反で捕まりにくくなりますよ!

周囲の状況その3
上記の1、2によって、自分の車を中心とした周囲の状況があるていど立体的に把握できるようになります。次にさらに、その車の運転手がどんな人物かをイメージして下さい。大まかで結構です。何から運転手がどんな人物かイメージするかと言うと、

車の車種やタイプ・・・ファミリーカー、スポーツカー、走り屋、高級車、エアロパーツの有無などなど
ナンバー・・・地元か地方か?
車の運転の仕方・・・運転姿勢や走行ライン、スピードなど

これらのことから、その車のドライバーはどんな人物が運転しているかをある程度でも掴んでいると役立ちます。何に役立つかは、後日記事に書きますので、練習してみて下さいね。

周囲の状況その4
その1~3までは、車の状況でしたが、次は道路状況です。まあ、これは書くまでもありませんが、一応書いておきます。
この先の道路は、どうなっているかということを意識しましょう。この先は、死角が多く危険だとか、合流があるので前の車が急ブレーキを踏む可能性があるとか、よく取締りをやってるとか頻繁に走る道路ならだんだん覚えますよね。

このように周囲の状況を自分を中心に立体的にしかもドライバーまでも把握できると危険回避はもちろん、ある程度自分の思うように走行できるようになります。

cms agent template0035/0036 ver1.005