This page:自動車運転裏安全ガイド TOP > 自動車運転の裏の基本 > 事故防止 > 中途半端はダメ

中途半端はダメ

中途半端な運転は、とっても危険です。例えば、道を譲るなら譲る。譲らないなら譲らない。できるだけ自分の意思が伝わるハッキリした運転を心掛けましょう。中途半端だと逆に事故に繋がりやすいです。

譲るなら「どうぞ」という意思がハッキリ伝わるように、逆に譲れないなら譲らないよという運転をしましょう。譲る気が無かったのに、割り込んできて危険だという場合は、クラクションも鳴らしましょう。相手は、あなたの意思を理解してないか、見てないか、どうせ譲ってくれるだろうという気持ちで走ってます。
それでも、割り込んでこようとした場合、意地を張らずに譲っておきましょう。譲るが勝ちです。

お互い意地の張り合いで接触事故なんて、馬鹿らしいですし、二次、三次の衝突事故にまでなったら目も当てられませんからね。

ここでワンポイントアドバイス!
譲るか譲らないか?右か左か?迷う事ってありますよね。でも、判断は一瞬でどちらにするか決めましょう!判断の迷いから大事故になることが多いですから。判断基準は、「より安全なのは?」です。

運転免許をもち自動車を運転するドライバー全てが譲り合う気持ちがあれば、接触事故などは随分減るんでしょうけど。逆にハンドルを握ると人柄変わっちゃう人がいますもんね。

cms agent template0035/0036 ver1.005